2014年09月20日

弓の試奏会の紹介

E59B9EE8BBA2NEC_0574-thumbnail2[1].jpgE59B9EE8BBA2NEC_0574-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpgきのう(19日)から23日まで、名古屋駅前の「ヴィルトーゾーVIRTUOSO」で
弓展示試奏会が開催されます。初級用からオールドフレンチまで、試奏出来るとのこと。
最近、私の製作したバイオリンも改造が終わりましたので、行こうかなと思っています。
posted by ショーサルタ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

ストラディバリウスの展示会及び演奏会

NEC_0572.JPG9月13日から15日まで、クロサワバイオリン名古屋店にて限定で
Stradivarius (ストラディバリウス) the 'Lord Borwick' が
展示されている。1702年製である。ストラディバリがロングパターン
を脱し、黄金期に入り始めたところの作品である。
 寸法は鑑定書コピーによると、355mm,アッパーバウツ165,
センターバウツ109,ロアバウツ209.5mmである。
15日14:00より名フィル小泉さんによる演奏会が開催される。
posted by ショーサルタ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会及び演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

映画「パガニーニ(愛と狂気のバイオリニスト)」について

NEC_0571.JPGパガニーニの映画を見た。主演は本当のヴァイオリニストの

デヴィッド・ギャレット(ドイツ人)である。彼はアメリカのジュリアード

音楽院でも学んだとのこと。本物を彷彿とさせる素晴らしい演奏だった。

パガニーニはスラディバリと並び称せられるグァルネリ・デス・ジェスで

演奏したと言われている。大きな音が出たのでカノン砲という愛称がある。

映画で使われたのは、ストラディバリとのこと。

 現在、イタリアでパガニーニの再来と言われているのは、第1回 パガニーニ

コンクールで優勝したサルバドーレ・アッカルドである。

私はもしパガニーニが生まれかわっているとすれば、心の中では、

20世紀を代表するハイフェッツではないかと想像している。

なぜかハイフェッツはパガニーニを公の席では、演奏しなかったと

伝えられている。 youtubeでは、サラ・チャンのバイオリン協奏曲第1番

の演奏を聞ける。
posted by ショーサルタ at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

弦楽部のビアパーティ演奏

(H)ビアパーティ6DSCN4157.jpg仲間とビアパーティで演奏しました。(H)ビアパーティ3DSCN4155.jpg(H)ビアパーティ2DSCN4153.jpg(H)ビアパーティ1DSCN4152.jpg(H)ビアパーティ5DSCN4156.jpg
posted by ショーサルタ at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弦楽部のビアパーティ演奏

ビアパーティの参加写真です。
posted by ショーサルタ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。