2008年12月08日

我がバイオリン先生のコンチェルト出演紹介

2009年2月3日のメンデルスゾーンの生誕200年の記念日に、我がバイオリン先生が愛知県芸術劇場コンサートホールにて、東邦ガスのチェリティー・コンサートで、バイオリン協奏曲のソリストとして、出演される。

久しぶりのソリストとしての出演で、ピアノコンチェルトの出演は三輪 郁さんである。開演はpm6:30からである。700組御招待とのことで、12月15日(当日消印有効)までに、往復葉書で東邦ガス広報部へ申し込みをして、多いときは抽選で選ばれなければならない。

余り多くて、抽選で私がはずれると困るのだが、やはり少ないのも困るので、紹介する。

きょう、レッスンで聞いたのだが、アルゲッティ弦楽四重奏団のバイオリニストと偶然、知り合い12月3日のコンサートにいかれたとのこと。コンドン交響楽団のコンサート・マスターもされていたらしいが、凄腕とのこと。

弦楽四重奏団の方は、オーケストラの多人数と異なり、ごまかすことが出来ないので、うまい人が多いようだが、一度演奏会なり、CDで購入してみたいものだ。現在音楽がレパートリーのようだが、かなりいろんな方々より、曲を献呈されているようなので、すごいのだろう。(続く)
posted by ショーサルタ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110862689

この記事へのトラックバック
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。