2008年12月16日

二人の音楽家

12月14日に、ヤマハミュージック東海にてピアノサロンコンサートに行ってきた。

金城学院大学教授の馬場マサヨ先生のコンサートである。ヤマハのコンクールの課題を何曲かとあとは有名な小品であった。

ショパンの小犬のワルツ、リストの愛の夢、ラ・カンパネラ。アンコール曲として、ショパンの幻想・・・・。

いつ、聞いてもすごいと思うには、全部暗譜していて、見事に弾いていくことである。それほど、弾き込んでいるということであろう。ラ・カンパネラといえば、フジ子・ヘミングが有名であるが、テクニックよりも、その心を重視する演奏に比べ、それこそその楽譜に沿った素早いテクニックを使った演奏であった。

もともと、この曲はバイオリンの名手 パガニーニのバイオリン協奏曲の1つの楽章である。リストはこの名人芸に感激し、ピアノのパガニーニたらんとした人である。それこそ、ヴィルトーソ的演奏だったに違いないとも思われる。
その意味では、このような演奏こそ、王道であるのだろう。

    *      *      *
諏訪内晶子さんのシベリウスのバイオリン協奏曲をNHKハイ・ビジョンで見た。今年のNHK音楽祭はバイオリン協奏曲がメインであるが、今回はそのい一環としての8日に行われたものである。名古屋では、メンデルスゾーンだったが、今回はシベリウスであった。(続く)

posted by ショーサルタ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。