2009年02月05日

東邦ガスコンサート

東邦ガスのチャリティーコンサートに行ってきた。ちょうど節分の日。
愛知県芸術劇場コンサートホールで開催された。応募葉書によるくじ引きである。4枚出して、1枚何とかあたった。

娘と待ち合わせていった。曲はメンデルスゾーンの生誕200年記念のため、
「フィガロの洞窟」「バイオリン協奏曲 ホ短調」「ピアノ協奏曲第1番」
「交響曲第4番イタリア」だった。お目当ては勿論、第2番目のバイオリン
協奏曲である。

私のバイオリンの先生がソリストで招かれた。
最初の出だしは少しイントネーションで微妙にずれていたように感じた。
素人の方には、気付かない程度だったが。それを超えるとどんどん
調子が上がってきた。感動的な演奏だった。メンデルスゾーンと初演者
であるフェルディナンドダビッドがあたかもいるような新鮮な演奏だった。
思わず、涙が出た。まさに音楽の天使が舞い降りていた。
 第二、第三楽章も無難にこなしていたが、第一楽章の後半の感動的な
領域まではいかなかった。

しかし、何年ぶりだろう。本当に感動的な演奏にめぐりあったのは。
イダ・ヘンデルが大阪で演奏したブルッフのバイオリン協奏曲第1番
以来だろうか。ちなみにこの演奏には、その年の芸術祭賞が与えられた。

ブラボーを唱えたが、あの感動を感じた人はいなかったのだろうか?
うまい演奏は確かに有名なバイオリニストには多い。しかし、感動させると
いうレベルはまた、次元が異なる。私の目指す領域である。
公演後、先生をたずね、そのことを報告した。(続く)
posted by ショーサルタ at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。