2014年10月11日

バイオリンの型について

今回、製作したバイオリンは 「ストラディバリの秘密」(シモーネ・サッカーニ著)の中

のストラディバリの残っている木型(内型)のG型の図を基に、木型を作った。

サッコーニはイタリア出身のバイオリン製作・修理者であり、アメリアのヴルリッツァー社

で一番ストラディバリウスのバイオリンをメンテ・修理した人と言われている。その研究成

...

果の著作が上記の本である。その中に型の形状とともに、全長寸法が35.4cmと記してあった

ので、その収縮率を計算して、木型を制作した。ところが、この本は別の人の手が入ってい

たようで、この寸法が違っていた。

G型で製作したバイオリンは357mmなので、型の全長寸法がこの数字ということはありえ

ない。この寸法に横板(約1mm前後)が取り付けられ、さらに表板が出ているので、さらに

型は小さくなる。私は実際にこの図・寸法を使用して制作したので、気付いた。残念ながら

このことを書いた本や文章も見たことがなく、知っている製作者もいなかったので、最終的

には、5mmほど長くなった。ロングパターンのバイオリンになった。E382B5E38383E382B3E383BCE3838BNEC_0587-thumbnail2[1].jpg

posted by ショーサルタ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406923588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。