2008年09月17日

音楽環境について

音楽環境。いったい何のこと。

書き始めてみて、自分でもどういう表現をしていいのかわからないのですが、自分を取り巻く環境を音楽に接点を持たせて、活性化していくかです。

このブログは一応、「大人からはじめるバイオリン」ということにしているので、大人がふと自分もバイオリンをやってみようかなと思ったときに、何かお役にたつ情報を流してみようと思っているわけです。

具体的に、音楽環境というと、図書館へ行って音楽関係の本を借りる、これもそうですね。上達するために、レッスンに通う、コンサートに行く。これらもそうですね。

まだ、ないですか。公開レッスンに行く。これもそうですね。弦楽器指導者協会というのが、全国的に各地にあると思うのですが、時々公開レッスンをやっています。小さい子供たちや、学生たちが受けていますが、正直いって皆、うまいです。

そんなレッスンにも、大の大人が子供たちやお母さん方に混じって、聞きにいっています。恥ずかしいことはないです。

CDを聞く。DVDを見る。テレビ番組を見る。雑誌(たとえばサラサーテ)を買って読む。合奏団に入り、一緒に演奏する。

 *  *  *  *  *  *

いろいろな音楽環境があります。大人ですから、それら環境を自分で求めて、豊かにしていってください。

かつて、ジュリアード音楽スクールで教えていたディレィ先生は絵画や他の芸術に触れることもすすめておられます。

直接、バイオリンの練習には関係はないのですが、でも何かあるのでしょう。(続く)


ラベル:音楽環境
posted by ショーサルタ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。