2008年08月31日

神尾真由子と才能

神尾真由子と才能
最近、NHKのハイビジョンで2007年秋に放送していた神尾真由子のドキメンタリーを見ている。

2007年度の国際チャイコフスキー・コンクール諏訪内晶子以来の優勝を遂げた逸材である。

この番組は、たまたま日本に帰国して、NHKと演奏会旅行に行った1ケ月を追ったものである。

1727年製のストラディバリで演奏するその音色およびテクニックが素晴らしいのは、勿論だが、その才能と自己主張の強さには驚いた。

以前、購入したチャイコフスキーのバイオリン協奏曲の楽譜で2つの旋律があるのは、知っていたが、

1つはチャイコフスキーのオリジナルで、もう1つがD・オイストラフの編曲したものだとは、知らなかった。

しかも、ザハール・ブロン先生
がチィコフスキーのオリジナルの演奏を主張しているのに、本番ではオイストラフ版を弾いたと、平然と答えていたのには、びっくりした。

「先生にはいつまでも、師事できるわけではない。」とあとから、自立しなければならないのであれば、今から自分の納得のいく弾き方をしていくんだとの主張を感じた。

4才でバイオリンを始めて、10才でラロを弾くとは!

桐朋の原田教授によるとバルトークのバイオリン協奏曲を、初めて見て1週間でマスターしたとのこと。

五嶋みどりでも、1〜2週間で、ベルクのバイオリン協奏曲/strong>s>/ins>を弾いたとのことなので、すごいことである。

  *  *  *  *  *

私のバイオリンの才能に関しては、300%必要だと考える。

一つは弾く才能、二つ目は楽器を見抜く才能、三つ目は習う先生や演奏する環境やアドザイバー含め、引き寄せる、
力である(続く)。/span>
ラベル:才能 神尾真由子
posted by ショーサルタ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリニスト、才能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。